BLOGブログ

一覧を見る

二条彪(たけし)さん&致知出版社

更新日:2017/12/16

12/4に二条彪(たけし)さんの講演会に参加してきました。

「失敗から学ぶ成功する経営の心構え」という題でしたが、

久しぶりにもう一回聞きたい!と思える講演でした。

このブログでは講演内容などは書かないようにしていますが、1点ネタバレすると、

「何故、古典を現代でも読み、そこから学ぶのか。それは千年経っても人の心は変わらないからです!

だから本や過去から学ぶのです!」と言われ、大変納得しました。

他の内容も大変面白く、大変有意義な時間でした。機会があれば是非またお話を聞きたい方でした。

 

 

そして、12/12から致知出版社の後継者育成塾に参加してきました。

ここでは普段の私は読まない本や講師に接する事ができ、毎回大きな刺激を貰います。

毎回宿題がありますが、今回の宿題は漢詩に関しての本の感想です。

普段ならまず読まないジャンルですが、読んでみると面白い!

分かりやすく訳が添えてあるので分かりやすい!

300年程前の漢詩から抜粋&意訳すると「今の若者はなっとらん!女の子の恰好をし、口調まで真似ている!

そして、それがカッコ良いと思っている!!男は外見じゃないぞ!中身だっ!!!」

 

現代と同じだ!!!

人の心は変わらないんだ!!

 

この二つの事で本をもっと読もう!とモチベーションが上がりました!

 

H

お問合せ